医者・医師・歯科医師の夫をもつ妻の離婚について ~医療法人の債務を連帯保証している場合の財産分与〜 - 小西法律事務所(離婚の法律相談)離婚について弁護士への無料相談は、小西法律事務所(大阪市北区)まで

トピックスtopics

医者・医師・歯科医師の夫をもつ妻の離婚について ~医療法人の債務を連帯保証している場合の財産分与〜

  • コラム

夫が医療法人を経営している場合、その医療法人と連帯して、夫が医療法人の負債の連帯保証人となっている場合があります。

このような場合、夫の連帯保証人としての債務は離婚時の財産分与に影響を及ぼすのでしょうか。

財産分与における一般的な債務(負債)の取扱い

財産分与は、夫婦の共有財産を公平に清算するとの趣旨があるため、夫婦一方名義の負債であっても、実質的に夫婦が共同で負担したと評価できる場合は、財産分与の対象となると考えられています。

例えば、自宅の住宅ローンや自動車のローンなど、夫婦共有財産形成のための債務、生活費の不足をてん補するための借入、子どもの教育ローンなど、婚姻生活を維持するために必要であった債務は、財産分与の中で清算がなされるべきであると考えられています。

夫が医療法人の債務を連帯保証している場合の債務の取扱い

医療法人を主たる債務者とした連帯保証債務は、医療法人を運営するための債務であり、実質的に夫婦が共同で負担した債務とは評価できないと考えます。

そのため、夫が医療法人の債務を連帯保証している場合であったとしても、離婚時の財産分与に影響を及ぼすことは原則としてありません。

夫から過大な財産分与を受けた場合

ただし、例外的に、夫が妻に対し不相当に過大な財産分与を行った場合は、詐害行為取消権行使の対象となったり、夫の破産時に財産分与が否認権の対象となったりする場合があります。

この点、離婚に伴う財産分与と詐害行為の成否が問題となった最判昭和58年12月19日は、
「離婚における財産分与は、夫婦が婚姻中に有していた実質上の共同財産を清算分配するとともに、離婚後における相手方の生活の維持に資することにあるが、分与者の有責行為によって離婚をやむなくされたことに対する精神的損害を賠償するための給付の要素をも含めて分与することを妨げられないものというべきであるところ、財産分与の額及び方法を定めるについては、当事者双方がその協力によって得た財産の額その他一切の事情を考慮すべきことは民法768条3項の規定上明らかであり、このことは、裁判上の財産分与であると協議上のそれであるとによって、なんら異なる趣旨のものではないと解される。したがって、分与者が、離婚の際既に債務超過の状態にあることあるいはある財産を分与すれば無資力になるということも考慮すべき右事情のひとつにほかならず、分与者が負担する債務額及びそれが共同財産の形成にどの程度寄与しているかどうかも含めて財産分与の額及び方法を定めることができるものと解すべきであるから、分与者が債務超過であるという一事によって、相手方に対する財産分与をすべて否定するのは相当でなく、相手方は、右のような場合であってもなお、相当な財産分与を受けることを妨げられないものと解すべきである。そうであるとするならば、分与者が既に債務超過の状態にあって当該財産分与によって一般債権者に対する共同担保を減少させる結果になるとしても、それが民法768条3項の規定の趣旨に反して不相当に過大であり、財産分与に仮託してされた財産処分であると認めるに足りるような特段の事情のない限り、詐害行為として、債権者による取消の対象となりえないものと解するのが相当である。」旨判断しております。

この判決は、詐害行為取消権の行使について裁判所の見解を示したものですが、否認権の行使の場面においても、同様の考え方が採用される可能性が高いものと考えられます。