よくあるご相談内容consultation

親権

親権・監護権でお悩みの方へ

  • 離婚を考えているが、子どもの親権で折り合いがつかない
  • 夫、妻が子どもを連れて出ていってしまった

このようなことでお悩みではありませんか?

離婚をする際に、子どもの親権をどちらが取得するかで意見が衝突し、夫婦間で激しい争いとなることがあります。離婚をお考えの方は、親権・監護権について、正しい知識を身につけたうえで、夫、妻と協議を行うことをお勧めします。
親権・監護権の問題でお悩みの方は、まずはご相談ください。

親権・監護権のQ&A

親権・監護権のよくあるご質問に、弁護士がお答えします。

親権とはどのような権利ですか?
親権とは、未成年の子を監護養育するために父母に認められた権利・義務のことをいいます。具体的には、子どもを育てる権利・義務と、子どもの財産を管理する権利・義務があります。
親権と監護権との違いを教えてください。
親権は、子どもを育てる権利・義務と、子どもの財産を管理する権利・義務から成りますが、これらの権利・義務のうち、子どもを育てる権利・義務のことを、監護権といいます。
親権は、どのようなことを基準に判断されますか?
子どもの監護体制や子への愛情といった親の事情と、子どもの意思や兄弟姉妹との関係などの子どもの事情とを総合的に考慮して、判断されることになります。
いったん相手に渡した親権を取り戻すことはできますか?
親権者を定めたときに予測していた事情とは異なる新たな事情が生じ、その結果、子どもの利益のために親権者を変更しなければならない理由が生じた場合は、親権者の変更が認められます。
離婚原因を作った側の親は、親権争いで不利ですか?
直ちに不利になるとはいえませんが、子どもの利益に影響を及ぼすような事情があるのであれば、その事情を考慮したうえで親権をどちらが取得すべきかを判断されることになります。

これらのQ&Aは、ほんの一例です。
ご相談者様の抱えている問題について、どのような解決ができるか、まずはお話をじっくり聞いて、法的な手続きや流れなど一通りご説明させていただきます。
親権・監護権の問題でお悩みの方は、お気軽にご相談にお越しください。