よくあるご相談内容consultation

離婚慰謝料

離婚慰謝料でお悩みの方へ

  • 相手の浮気が原因で離婚することになったため、離婚慰謝料を支払ってもらいたい
  • 相手から離婚慰謝料を請求されているが、離婚慰謝料を支払わなければならないのかわからない

このようなことでお悩みではありませんか?

夫婦の一方が離婚の原因を作った場合、他方は、一定の条件を満たした場合に、離婚慰謝料を請求することができます。
どのような場合に離婚慰謝料が発生するかは、ケースバイケースです。
離婚慰謝料の問題でお悩みの方は、まずはご相談ください。

離婚慰謝料のQ&A

離婚慰謝料のよくあるご質問に、弁護士がお答えします。

どのような場合に、離婚慰謝料を請求することができますか?
相手の浮気や暴力など、婚姻関係が破綻した原因が主に相手の責任によるものと認められる場合に、慰謝料を請求することができます。ただし、相手の責任が、慰謝料を支払わせるほどではない場合は、慰謝料を請求することはできません。
離婚慰謝料の相場を教えてください。
裁判では、100万円~300万円くらいになることが多いようです。もっとも、事案によっては50万円程度と認定されるケースや、300万円以上と認定されるケースもあり、個別具体的な事情によって金額は異なります。
離婚した後に離婚慰謝料を請求することはできますか?
離婚慰謝料の請求は、離婚後に請求することも可能です。
ただし、離婚慰謝料を請求する権利は、原則として3年で時効にかかってしまうため、離婚が成立してから3年以内に離婚慰謝料を請求しなければなりません。
相手に資力がない場合であっても、離婚慰謝料を支払ってもらえますか?
相手に離婚慰謝料を支払わなければならない理由がある場合には、慰謝料の請求自体は認められますが、相手に資力がない場合、実際にお金を支払ってもらうことは困難です。離婚慰謝料を分割払いにするなど、支払方法を工夫する必要があるでしょう。

これらのQ&Aは、ほんの一例です。
ご相談者様の抱えている問題について、どのような解決ができるか、まずはお話をじっくり聞いて、法的な手続きや流れなど一通りご説明させていただきます。
離婚慰謝料の問題でお悩みの方は、お気軽にご相談にお越しください。

CASES離婚慰謝料の事例を見る

ただいま準備中です。